月別アーカイブ: 2012年 4月

スタッフボードをご覧のみなさまへ

ハナ部長が『みなさん、ちゃんと掲示板を定期的に見てくれているかなぁ? マユさんからの大切なお知らせもあるからね』とおっしゃっていたので、ちょっと出欠をとりたいと思います。
ID( kdpstaff )でログインしている方で、まだコメントを書き込んでいらっしゃらない方、お名前だけでも結構ですので、コメントに書き込んでくださいませ。
以下の方はコメントしなくても見ていることはわかっていますので、コメント自粛してください。(笑)
私、書いたけど漏れてるという方はコメントでお願いします。
下の方は、コメント書いちゃダメだよ、ダメだよ、書いちゃダメ。>ダチョウ倶楽部メソッドだよ!(笑)
・マユさん  ・ハナさん       ・磯田ゆうさん      ・あゆみさん
・太田さん  ・みかちんさん     ・かしわぎ(あきこ)さん ・カシタニさん
・たくまさん ・山口真由子さん    ・こてちさん       ・赤羽さん
・大沼さん  ・ゆり(さだかね)さん ・田野さん        ・ワンパウ佐藤さん
・わかばやしさん

facebookにKDPページを開設してからだと思いますが、英語圏からのコメントスパムがひどく、Akismetという自動フィルタが大活躍してスパムへ自動的に振り分けてくれていたのですが、最新20件くらいがすべて英語スパムだったので、なかをちゃんと見ていませんでした。すみません。

さきほど、すべてのスパムフォルダをみて、みなさまの貴重なコメントを発掘しました。
すでに何回かトライしていただき、コメントが重複することになるかもしれませんが、とりあえずすべて復活させました。
その関係でお知らせサービスを使っている方には、メールが一度にたくさんいっていると思います。
このようなことは今回限りですので、申し訳ありませんがご甘受ください。(それはわかるが、なんで4時にやるんだというご批判もあろうかと存じますが…)

今後は定期的にスパムフォルダの確認を行いますし、少しスパム認証にも手を加えたので、そういうケースはだいぶ減ると思います。よろしくお願いします。

9件のコメント   |  posted on mamadmin

写真展お疲れさまでした~~~~~!!!!

写真展、どうもおつかれさまでした!!!
ハナさん、ほんとうにありがとうございました!
お手伝いに来てくださった皆様もどうもありがとうございました!
ゆきさん、よなべして作ってくれてありがとうございました!
 
犬と一緒に来てくれた人も~ありがとうございましt!
 
その他にもいろいろ~~
ありがとうございました!
 

14件のコメント   |  posted on mamadmin

2012/04/30 里親さんに迎えられました

今日は曇りです。
この時期ってこんなだったっけ??と思ってしまいますが、
人間ってそういうものですね。
いいことばかり覚えていたりしますね。
犬もそうだったらいいです。
割と、かなしいできごとを覚えていたり。
数頭、里親さんに迎えられました。
みんな、早くかなしいできごとは忘れて、たのしい記憶で頭の中をいっぱいにしてほしいです。
 
最近里親さんに迎えられたのは、よこちゃん、茶太郎、ノリス、そしてぽんちゃんです。
 

よこちゃんは年齢も若く犬種柄走ったりするのがとても好きなので、毎日マラソンをするような方に、と思っていました。
また、性格もよく他の犬ともよく遊ぶので、できれば多頭飼いのご家族のところに行けたらいいな、とも考えていました。
そして丁度、思い描いていた通りのご家族のもとへ迎えられました!
イメージと合うご家族に届ける事は、犬にもご家族にも良い事だと思います。
もちろんそこからまた、「ひとつの家族」になるための日々を送る訳ですが、
お互いのスタイルに、なるべく無理のないように心がけています。
よこちゃん、これからは、たくさん甘えてたくさん走ってしあわせになってね。
 
 
そして、ノリス!!
ノリスは、菊池が昔からお世話になっているご夫婦のもとへ迎えられました!
どんな様子だったかというと…

 
言うまでも、無いようです。
里親さんとしてノリスを迎えて下さったほか、年末のカレンダーの販売のご協力や、
先日はチャリティーマーケットも開催してくださいました。
いつもありがとうございます!!
BONE FREE WORKS
http://bornfreeworks.com/
LONG TRACK FOODS
http://longtrackfoods.com/
新しい名前を貰って、たのしく、おりこうに、幸せに暮らしているようです。
良いご縁を、どうもありがとうございました。
 
次は、茶太郎と、ぽんちゃん。

迎えられた数日後。ご家族と一緒に、お花見。
チョコレート色のラブの、茶太郎。
長く、センターに収容されていました。
ストレスからか、ゴハンを与えられていてもがりがりにやせ細ってしまいました。
大きな体なのに、センターから引き出された当時は30kgを下回っていました。
ぽんちゃんは、「飼い主死亡」の為、センターに収容されました。
とてもかわいい子なので、かわいがられていただろうと思います。
センターから来る犬によくある、「人がこわい、犬がこわい」と言うのが無いのがその証拠です。
このニ匹は、KDPのお山にではなく預かりさん宅で里親さんに迎えられるまでを過ごしました。
ニ匹とも、預かりさん宅で過ごすうちに徐々に顔つきが柔らかく、かわいらしさが増していきました。
預かりさんの存在はKDPにとってとても重要です。
個々の性格や体調管理などもしっかり見てもらえるほか、大勢が暮らすお山よりも、恐がりな子や神経質な子でも本来の自分を出すことができたり、里親さんに迎えられた後のケアなども充分にできるからです。
もちろん、犬にとって大切な愛情面もです。
 
よくご質問として、里親さんに犬を出すのはさみしくないのか、と聞かれます。
それはもちろんさみしいです!
大切に思っている子たちです。
もし里親さんが見つからなければ、最後まで面倒をみることを考えて迎えている子たちです。
それは預かりさんも同じで、自分のそばからいなくなってしまうのは、とてもさみしい事です。
ですが、里親さんとは犬が死ぬまでの長い間のお付き合いをさせていただきます。
譲渡した後も、ずっと見守り続けます。
自分のすぐ隣にいるか、里親さん宅に居るか、ただそれだけのことです。
そして里親さんに迎えられた「かわいい子」と同じ様にかわいい子が、
センターにはたくさんたくさん待っています。
みじかい間でしたが、「我が子」として一緒に過ごしてくださって、どうもありがとうございました。
そして茶太郎とぽんちゃんの新しい「家族」の皆さま、どうぞよろしくお願い致します!
 
KDPにはまたセンターから新しく犬たちが来ました。
そのご報告は次回。
「かけがえのないパートナー」になれる子たちです。
どうぞよろしくお願い致します。
 
***************************
 
センターから保護してくる犬たちの中には、
重い病を抱えている子、妊娠を理由に捨てられる子、
ガリガリに痩せ細った子、
そして老犬。
普通では考えられない様な理由で捨てられたと思われる子たちが
後を絶ちません。
病院通いを続ける子や、毎日の投薬など、
犬たちのケアには膨大な医療費がかかります。
心のケアが必要な子も多く、里親さんに迎えられるまで、長く時間がかかる子もいます。数ヶ月、1年かけて、やっと人に慣れていく子も多いのです。
誰かに捨てられて、殺処分が目前だった犬たちに、
どうぞご支援をよろしくお願い致します。
一口3000円からお願いしております。
3000円で、フィラリアと便の検査を受ける事が出来ます。
9000円で、犬たちの一日のフードを賄う事が出来ます。
皆さまの温かいご支援・ご協力を、お待ちしております。
 
横浜銀行  葉山支店
普通口座 6008989
KDP 会計 松崎麻由
 
 
 

コメントする   |  posted on staff

募集!

 

Tシャツとかバックとか作ります!

注文、在庫管理、(できればじょうとかいの時に持って来て持って帰ってくれるとこまで)をしてくださる方募集します!

よろしくおねがいします~。

62件のコメント   |  posted on mamadmin

ぽんちゃん譲渡しました~!ゆりさんお疲れ様!

昨晩お届けがありました。
ブログでも書きますけど更新遅れてます。(スイマセン)
ブログに書くよりももうちょと正直な気持ちも込めて。
(これを転載する可能性もあり…)

お届けしたのは預かりさんゆりさんちのぽんちゃん。
とってもステキなご夫婦で、お優しそうで、里親さんにはもってこいな感じでした。
お届けまでも数回会いに来てくれました。

書類などを少しといろいろ注意点などお話して、1時間半くらいの滞在。
ぽんちゃんもリラックス。
ここが大事。たのしくお別れしないと。

普段お届けは私一人で行きますが、ぽんちゃんなのでゆりさんと一緒に。
ゆりさんも私の話を真剣に聞いてくださっていました。ありがとう。

ぽんちゃんを託して帰り道、ゆりさんがさみしいさみしいって連発。
そりゃさみしいよ!
大事にしてたんだもん!
飼ってもいいんだよ?でももう一匹預かってね(笑)
ばしばし連絡とって、ぽんちゃんがしあわせかどうかチェックして!
などと言いながら帰宅。
さみしいに決まってます。
でもさみしいってのは自分のきもち。
でも私たちが何をやってるのかって言うと、「保護」です。
良い里親さんとのご縁を結ぶこと。
そしてそれを見届ける事、見守り続ける事。

どこにいるか、ってだけです。
自分の目の前に居るか、誰かに託すのか。
他人に託す訳ですから、大丈夫な人でないと。変な人には渡せません。
つまり「大事な子を自分の代わりにしあわせにしてくれる人」が里親さんの絶対条件です。

最近はあまり譲渡のあとさみしい気持ちにはなりません。
安堵のほうがでかい。
もちろん心配はあるけど。誰でも。

センターからでもどこからでも、犬を迎え入れる時は、
「譲渡されなかったら一生の面倒をみる」覚悟で迎えます。
中には、自分の子にしたい!!!って可愛いってだけじゃなくて
ビタッと心をつかんで離さない子もいます。
保護を始めたころは、そういうのでよく葛藤しました。
飼っちゃってる子もいる。
飼うなら、その分保護枠を増やすだけです。
これは自論で極論かもですが
「犬を飼う」のは自分のエゴです。
犬の気持ちは考えてない。自分が「かわいい」と思って「一緒に居たい、一緒にしあわせになりたい」と思うから飼うわけです。
でも保護は違う。
その子をしあわせにするためにやってはいるけれど、
誰かに託せるのならそれでいいし、センターにはまだまだ待ってる子たちがいるのです。
また同じように、すごくかわいい子に会える可能性だってものすごくあるし。

それに、そんな「かわいい子」なのだから、里親さんにでてしあわせになるべきですし、
そんな「かわいい子」みたいな子たちがたくさんたくさん、今日も収容され処分されて行っているのです。

 

また、保護犬の「いいところ」って、いろんな人に見守られてるとこだとも思うのです。

保護主である私たち、預かりさんが居れば預かりさん、じょうとかいstaffの皆さま、その他にもブログを見ている方や、とにかくたくさんの人に見守られています。

ゆりさんにお伝えしました。
「ちょっとでも飼い方がおかしいと思ったら、返してもらいますから!って脅せばいい」
(悪い言い方ですね!2人の会話の中なのでスイマセン!)
裏を返せばそれだけ大事に思ってるってことです。
それでいいんだと思います。

里親さんにでちゃうとさみしいんじゃない?
ってご質問がよくあるので、書きました。
さみしいよ!でも自分の気持ちの為にやってる訳じゃないからね。
ほんとにしあわせになるなら、どこに居たっていいんです。
会いたければ会いに行けばいいし、
メールだってできるし、写真だって動画だって撮ってもらえばいい。
そういうおつきあいができるような方に託すというのも大切な事だし。
自分のとこに居るのと変わらず、その子の一生を見守り続けるだけです。

だんだん支離滅裂になってきた感じがしますので、ここまで~

ゆりさんお疲れさまでした!
どうもありがとう!
これからもぽんを大事にすればいいんだよ!

 

 

 

32件のコメント   |  posted on mamadmin

ミックスのおんなのこ(ハナ)

コーギー系・中型犬
推定7~8才
(さらに…)

ミックスのおんなのこ(ハナ) はコメントを受け付けていません。   |  posted on mamadmin

2012/04/23 じょうとかいの報告!

今日も雨です。

なんとなく寒い日が続いていますね。

 

雨をくぐりぬけて22日(日)にじょうとかいが開催されました!

敷地を提供してくださっている(株)オオバさま、いつもありがとうございます。

 

 

この日もすてきなご縁や出会いがたくさんありました。

 

*毎回同じ犬が参加する訳ではありません。

その日の犬の体調などによって決まります。
「ぜひ会いたい!」という犬が居る場合は、前もってご連絡ください。

ご連絡はまつざきまでお願いたします。 ℡090-5329-0289

 

今すでに動物を飼っているので、相性などが心配、と言う方も多くいらっしゃいます。

せっかく保護犬を迎え入れても、あまりにもお互いにとって不幸な結果になっては残念なことです。

先住犬が居る場合は、性格やなどをよくお伺いし、合いそうな子を数頭ご紹介させて頂いております。

もちろん、希望者さんからあの犬とはどうだろう?といったご質問を受ける事もあります。

その後、個別にお見合いをさせていただく流れになります。

じょうとかい会場では保護犬たちは緊張していたり、たくさんの「知らない人」

に囲まれてナーバスになっている場合もあります。

また、先住犬も知らない場所でたくさんの犬達と会って普段とは違う気持ちになっている場合もあります。

お互いにとって落ち着ける場所でお見合いをする方が良いと考えています。

 

この日もたくさんの卒業生たちが遊びに来てくれました。

中には先住犬が居る状態での譲渡だった犬もいますし、

猫達との暮らしになった子もいます。

卒業生のご家族には、新しく保護犬を迎え入れようと考えている方々に、

体験談やその後の様子などをお伝えしてくださるようご協力をお願いしております。

もちろんじょうとかいお手伝いスタッフの方々も、保護犬飼育経験者の方が多くいらっしゃいますので、

お気軽に質問や不安などをお尋ねいただければと思います。

 

 

今回もたくさんのご支援、ご寄付を寄せて頂きました。

何度も遠くから来て下さり、物資などのご協力をしてくださる方もいらっしゃいます。

また、Paws☆Marketもとても好評。

頂きましたご寄付、Paws☆Marketの売り上げは、

KDPの犬達の為に、主に医療費として大切に使わさせて頂きます。

どうもありがとうございました!

 

じかいじょうとかいは、葉山保健センターです。

*5月14日(日)
*葉山保健センター
*10時~12時(入場は11時半まで)

です。

ご参加お待ちしております!

 

 

そしてご報告をもう一つ。

以前もお世話になりました、FMヨコハマさんが、取材に来て下さいました!

WE LOVE SHONAN REPORTという番組内で、

芸術祭の藤代冥砂さんの写真展とKDPの取材をしてくださいました。

http://blog.fmyokohama.jp/wlsrep/2012/04/post-ce68.html

どうもありがとうございました!

 

殺処分をゼロにするためには、保護犬に関心がある方々だけいればいいという訳ではありません。

多くの方々に、共に悩んで頂きたいと思っていますので、

とても感謝しております!

 

 

そして写真展は、29日まで開催しております。

気持ちの良い空間で、雨の中写真を見るのもとてもよかったですが、

明日からはお天気も回復しそうですね。

芸術祭は、たのしい、おもしろい、おいしいイベントが各所で開催されています。

みなさまぜひいらしてください!

 

 

 

 

 

コメントする   |  posted on staff